就労移行支援事業 就労継続支援事業B型 地域生活支援事業 グループホーム

職場紹介

職場紹介

社会福祉法人京都光彩の会は
精神保健福祉に貢献するビジョンのもと
幅広い事業を展開しています。

事業内容

朱雀工房は就労移行型と就労継続支援B型の2つの事業を行っています。就労移行型では、実習先や所内で行う作業の開拓・就労の内容に特化したSSTなどを行い、自信をつけ働き続けられる支援をしています。
就労継続支援B型では、「働く場所」・「憩いの場所」として利用者の生活が豊かになることを目指し、作業やレクリエーション・ミーティングを行っています。
1人1人のメンバーとの関わりを大切にして、職員もメンバーと一緒に成長していける職場です。

矢印アイコン職員の一日

8:45
出勤
全体で打ち合わせ
9:00
メンバー朝礼
作業開始
施設外就労・職場実習同行
12:00
お昼休み
13:00
作業開始
SST・就労支援プログラム実施
面談
16:20
メンバー終礼
16:30
記録の作成
17:00
明日の打ち合わせ
17:45
退勤

※就労継続支援事業B型はメンバー朝礼9:30開始。 終礼15:50。

事業内容

ワークステーションかれん工房は、平成19年7月に就労継続支援A型事業所として開所しました。その後、平成25年4月から就労継続支援B型事業に事業の型を変更し、現在も事業を続けています。
スタッフの仕事は、清掃や調理、箱作りなど毎日の作業の支援、利用者支援、事業所の運営などです。毎日夕方を中心にスタッフ間でその日の連絡や振り返り、相談などを行うよう心がけています。3階建てなので、毎日階段を上り下りしながら、忙しく仲良く仕事しています。

事業内容詳細はこちら

矢印アイコン職員の一日

8:45
出勤
9:00
メンバー朝礼
作業全般支援
施設外就労同行
納品等
12:00
お昼休み
13:00
作業開始
作業全般支援
施設外就労同行
納品等
15:55
メンバー終礼
16:00
面談、記録等
17:00
会議、作業準備等
17:45
退勤

事業内容

作業所の一番大事な役割は、生活リズムを整え、自分らしい生活が見つけられるようサポートすることですが、そのためには、いつも話しやすく、穏やかに過せる和気あいあいとした雰囲気作りが欠かせません。
また作業も多くの人が参加しやすいよう、多様なものを取り揃え、ミーティングを何度も行い、1人1人の意見が大切にされる環境作りに力を入れています。

事業内容詳細はこちら

矢印アイコン職員の一日

8:45
出勤
9:00
職員ミーティング
9:30
全体ミーティング
各班(印刷・縫製・袋・検査)ミーティング
作業支援開始
12:00
お昼休み
13:00
各班(印刷・縫製・袋・検査)ミーティング
作業支援開始
16:30
作業終了~見送り
16:00
面談、記録等
16:40
振返り(報告・相談)、記録作成、職員会議(個別支援会議等)
17:45
退勤

事業内容

「なごやか」の業務は、障害のある方やそのご家族、関係者からの相談を受けることです。事業所内での電話相談や来所相談だけでなく、必要に応じて利用者さん宅を訪問したり、外出同行等を通じての相談支援も行います。また、相談内容に応じて様々な機関との連絡調整、会議の開催等で、地域のネットワークを作ることも役割の1つです。
(相談の内容 ※例)

事業内容詳細はこちら

矢印アイコン利用者・家族から

・情緒安定のために話を聞いてほしい
・ヘルパーさんや通所施設を紹介してほしい

矢印アイコン関係機関の方から

・計画相談として、サービス等利用計画の作成をお願いしたい
・ケース会議開催の調整をしてほしい

矢印アイコン 職員の一日(日勤)

8:30
出勤
8:45
朝礼
9:00
電話相談対応
関係機関への連絡調整
11:45
昼からの予定確認
12:00
お昼休み
13:30
利用者宅訪問
サービス担当者会議開催
16:30
利用者との来所面接
記録作成等の事務
17:15
退勤

※遅出勤務あり(10:45~19:30)

※土日勤務あり(8:30~17:15)

事業内容

「なごやかサロン」は、障害のある方やご家族、地域住民の方が気軽に自由に過ごせる場所です。職員は来所者同士の交流を見守ることが業務の中心ですが、配達弁当や喫茶の提供、プログラム活動補助、新規来所者の見学対応、登録状況の把握等もしています。平成26年度からは機能強化サロンとして、他のふれあい交流サロンへ相談員が赴き、生活相談も行っています。

事業内容詳細はこちら

事業内容

障害者総合支援法に規定された共同生活住居です。1つのホームに5~6名の方が入居され、共同生活を行っています。
日中は障害福祉サービス事業所やデイケア、職場に行かれ、夕方帰宅されます。夕食の時は、その日にあった出来事や最近気になることなどが話題に上がります。
時々、皆さんで外食したり、レクレーション活動を行います。

事業内容詳細はこちら

矢印アイコングループホームでの仕事

  1. 食事提供
  2. 利用者の体調確認
  3. 相談援助
  4. 個別支援計画の作成
  5. 個別支援計画に基づいた日常生活支援の実施

矢印アイコン職員の一日(日勤・遅勤の交代勤務)

8:30
出勤
8:45
朝礼(打ち合わせ)
9:30
グループホーム巡回
11:45
打ち合わせ(遅勤職員への申し送り)
12:00
お昼休み
13:00
個別支援(外出同行、居室清掃など)
電話相談対応
記録作成など
16:00
グループホーム巡回
世話人と打ち合わせ
17:00
日報への記録
17:15
退勤
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 京都光彩の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.