就労移行支援事業 就労継続支援事業B型 地域生活支援事業 グループホーム

後援会

社会福祉法人京都光彩の会後援会

社会福祉法人京都光彩の会後会長 岡本 民夫(同志社大学名誉教授)援会京都光彩の会は、1997(平成9)年4月、京都市内の家族会が結集し、地域の協力を得、京都市の大きな支援のもとに設立されました。事業目的は、精神障がいのある人たちが、ふつうの市民として、暮らし、働き、社会に参加していくことを支援するところにあります。

以来、当法人は、通所授産施設「朱雀工房」を中心に、地域生活支援センター「なごやかサロン」、グループホーム「賀陽」、グループホーム「山ノ内」、小規模通所授産施設「西山高原工作所」、グループホーム「光」を開設運営して参りました。また、ヒューマン・マインド・コンサート等の啓発事業やアメリカの先進事業の研修会、関係者のネットワーク事業、セルフヘルプ(利用者の自助)グループの支援などで、評価をいただける活動を展開してきました。

ノイローゼは10人に1人、うつ病は20人に1人、統合失調症は100人に1人と、心の病はありふれた誰でもかかるものです。そのうち、慢性化などで生活のしづらさをもっている精神障がいのある人は200万人以上おられます。しかしなお、理解は進まず、福祉サービス整備は遅れています。「精神障害のある人をどう遇しているかでその社会の文化度や品位がわかる」といいます。《わたしたちのテーマ》として、共に生きていく社会を創っていきたいものです。

何卒、わたしたちの趣意を受けとめていただき、本会に入会くださり、
ご支援とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

社会福祉法人京都光彩の会後援会
会長 岡本 民夫(同志社大学名誉教授)

入会申し込み方法

後援会に入会いただける方は、ファクス、電話、葉書で下記までご連絡ください。
おって、申込書、振込み用紙を発送させていただきます。または下記の郵便振替払込口座をご使用ください。

  • 会費は一口(年会費、4月から3月) 個人会員3000円、団体・法人会員10,000円です。
  • 会員の方には、法人誌を発送いたします。ご芳名を掲載させていただきます。匿名希望の方はお申し出ください。
  • 会費以外のご寄付も大歓迎です。

矢印アイコンファクス、電話、葉書の場合

〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地 京都市地域リハビリテーション推進センター1F
電話 : 075‐813‐0501
FAX : 075‐813‐0520

矢印アイコン郵便振替払込口座の場合

口座番号 : 00960-1 121813
加入者名 : 社会福祉法人京都光彩の会後援会

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人 京都光彩の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.